着物柄だけでもおすすめです

こんにちは、サエコです。

着物は外国人にも人気で、せっかく日本人なんだからもっと興味を持ったほうがよいですよーというお話をしました。

実際、茶道の教室にも、外国人の方が一人いますよ!そういう方は、着物が好きということもあるのですが、それより前に、「日本的」なことはなんでも好きなんですよね。

色々なものが美しいそうですよ。着物の柄もそうですし、お箸なんかも美しいそうです。文字もそうですね。漢字はもともと中国ですけど・・・・・。

海外でカリグラフィーというのがありますよね。アルファベットにデザイン性をもたせたようなものですよね。日本の文字って、そもそも最初からデザイン性を持っているわけです。象形文字だからそのようになるのでしょうけど、海外の人には興味深くうつるみたいです。

特に着物は日本的だそうです。ビジュアル的にわかりやすいので、とっつきやすいのもあるかも知れません。自分もキレイな着物を着てみたい!って思うのでしょうね。Japanese dressともいわれますし、美の象徴として捉えられるようです。

そう考えると、普段洋服を着ているのってもったいなく思えてきますね。着やすいから仕様がないですが。

もし「着物に興味があるけど、着るのは大変だし」と思っているのであれば、「着物柄」だけを意識するのもおすすめですよ。例えばワンピースでもそういうのありますからね。

あとは小物でもいいですし、傘とか、バッグでもありますよ。